スパあり、ホテルあり、レストランあり、バリ島生活日記
by nonamiho
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
はじめに
スパ
レストラン
ホテル
バリ雑貨
アクティビティー
バリ島生活日記
未分類
以前の記事
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
more...
お気に入りブログ
BAGUS!
マーブル日記
simple life ...
山Pんとこ
ぴっから~
バリ〜〜スカスカ
気ままにオージーLIFE
さくらcafe
Bagus!
リンク
タグ
(139)
(112)
(59)
(55)
(52)
(38)
(37)
(37)
(36)
(36)
(36)
(35)
(35)
(13)
(13)
(10)
(9)
(8)
(5)
(2)
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
旅行・お出かけ
海外生活
画像一覧

<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アンカサの明太子カルボナーラ

前回私のオーダーミスで食べられなかった、
アンカサの明太子カルボナーラ。。。

先日ウブドに行ったので、やっと食べることができました!
f0162528_119080.jpg

やっぱりウブドまで行って食べてよかった!と思えるくらいおいしかったです!
こくがあるけど、重過ぎないカルボナーラの風味と、明太子の
食感がいい感じ。
単品で注文しても十分だったので、セットだとちょっと女性には多目かも。
一緒に行った母はルッコラのサラダを頼んで、二人で分けて
食べました!

こちらはピザ。
父はいつも昼からビールなので、ビンタンビールとは
いい相性。
f0162528_1112814.jpg


2階席は風が吹き抜けて気持ちが良かったです。
ウブド散策に疲れたら一休み、に最適カフェです。
[PR]
by nonamiho | 2009-10-29 11:19 | レストラン

バリ島おすすめお菓子~ジンジャーグミ

今日はバリ島でも人気のしょうが飴のご紹介。
Gingerbonという名前の、
飴というより、グミのような感じのジンジャーソフトキャンディ。
f0162528_9495028.jpg

インドネシアの生姜は日本の生姜より、味が濃い、香りも強いような
感じです。
そんなきりっとした生姜の辛さが後を引きます。
のどが痛いときや、眠気覚ましにぴったりです。

バリ島内のスーパーで探してみてください!
[PR]
by nonamiho | 2009-10-28 09:55 | バリ雑貨

バリ島おすすめお菓子~ウコンキャンディー

今日はおすすめの飴です。
Permen Kunyit Asam
ウコンとタマリンドのジャムーキャンディーです。
f0162528_1035221.jpg

こちらのKunyit Asamは粉末ウコンのジャムーとして
販売されているのが有名です。
こちらでは血をきれいにするとかやせるとか、
言われていて(ホントかどうかはわかりません。。。)、
一般的に飲まれているし、
スパのウエルカムドリンクで出てきたりするところもあります。
でも正直ちょっと飲みづらいです・・・

その点、この飴はタマリンドのさわやかな酸味が
おいしいですよ!
写真のパッケージは飴5個入りのコンパクトな
ミニサイズ。値段もRp2000しなかったような・・・

ばらまき系のお土産にぴったりです!
[PR]
by nonamiho | 2009-10-27 10:11 | バリ雑貨

バリ島おすすめお菓子~CHITATO

バリに遊びに来た友人に、スーパーで売ってるおいしいお菓子ってなに?
とよく聞かれるので、その特集。
今日はポテトチップスです。
f0162528_11163388.jpg

特に私が好きなのは、右上のビーフBBQ味。
日本のポテトチップスより、堅め厚めで歯ごたえがあり、
味付けも濃い目。
ビーフBBQ味はちょっと辛めで、おいしいです。
小さいサイズのパッケージもあるのでお土産にも
いいかも。

バリ島内スーパーやサークルKなどのコンビニで
普通に販売してるので、試してみてください!
小腹がすいたときなどにGOODです!
[PR]
by nonamiho | 2009-10-26 11:21 | バリ雑貨

テバカフェ

年に1回、両親がバリ島に遊びに来ますが、
今回は何食べさせてやろうか・・・と考えて行き着いたのがここ。
ジンバランシーフード屋台のテバカフェ。

こちら、爆弾テロ事件の現場となったカフェのならびにある
カフェですが、この一帯のカフェは、外国人観光客にも
インドネシア国内観光客にも人気のカフェが並んでいます。
以前紹介したバリカフェ21とはちょっと離れた場所にあります。

バリカフェ21の地区一帯は改装されて、食器なども新しく、
少しきれいな感じですが、テバカフェ一帯は昔ながらの
活気のある雰囲気が残っています。

おすすめの時間帯は夕方6時ごろ。
f0162528_10253038.jpg
f0162528_10254631.jpg

目の前に広がる海も良く見えて、いい時間帯です。

お料理はこんな感じ。
f0162528_11113650.jpg
f0162528_1111503.jpg

上のほうの写真が母のプレート、下が私。
ロブスターの大きさが違うぞー!なんておこらずに。
かなりの量なので半分ずつ交換して食べましたw。

父は日本料理以外はうけつけない方の人なのでこのシーフード
食べられるか心配してましたが、ビールに良く合うので
気に入ってくれたようです。
かなりの量でしたが母親も完食。

ジンバランシーフード屋台はいろんなお店がありますが、
このテバカフェは
一般的な日本人の味覚にあうお店なんだなーと思います。

ビーチビアガーデン気分をぜひ味わってください!
[PR]
by nonamiho | 2009-10-23 11:18 | レストラン

セント レジス バリ リゾート(続き)

f0162528_103363.jpg

とても優雅な雰囲気の漂うロビー。
バリであってバリでないような、そんな空間です。
f0162528_1041270.jpg

こちらはキングコールバー。
f0162528_1062664.jpg
f0162528_1074797.jpg

内装にはヨーロッパの豪華さの中に、バリ島文化も散りばめられていて、
居心地の良い空間。
こちらでセントレジスの名物、ブラッディマリーなんかを
飲めたら素敵ですね~。
f0162528_1091847.jpg

このチョコレート、絶品です。
普段はロビーの下の階のデリで販売されています。
この日はパーティだったので、このケーキたち。
どれもこれもバリではあまりお目にかかれないほどのお味。
おいしかったです!
f0162528_10111814.jpg
f0162528_10114653.jpg
f0162528_1012999.jpg


こちらはスパのアクアバイタルプール。
f0162528_1020446.jpg

そしてスパルーム。
f0162528_10211454.jpg
f0162528_10213091.jpg
f0162528_10215096.jpg

蝶をモチーフとしたスパルームはちょっと和風にも感じる雰囲気。
大きなバスタブはオープンエアでとても開放的です。

こちらのスパにはブラッディマリーにちなんだちょっと変わった
スパメニューがあります。
セント レジス シグニチャー“ブラディー マリー”
インスパイアード リチュアル – 180分 US$365
内容は
フットウォッシュ
トマト、パイナップルとわさびのボディリバイバー
ウォッカとトマトのクレイラップによるお肌の洗浄
トマトとパセリのオイルによるデトックスマッサージ
トマトベルモットとミネラルソルトバス
スパ‘ブラディー マリー’とトマトウォーターのオイスター

とても優雅な気分になれそうです。
ぜひ試して見たいものです。

やはりスターウッドの最高峰。
一歩リゾート内に踏み入れれば、とてもいい気分にさせてくれる
そんな感じのホテルでした。
[PR]
by nonamiho | 2009-10-22 10:30 | ホテル

セント レジス バリ リゾート

f0162528_1055037.jpg

スターウッドグループの最高峰、セントレジスが2008年9月、ヌサドゥアに誕生しました。

f0162528_1064324.jpg
f0162528_107089.jpg
f0162528_107228.jpg

高級感あふれる内装のセントレジス スイート。

バスルームは明るくて広く、テレビ付の大きなバスタブの使い心地は
最高です。
f0162528_1091860.jpg

f0162528_10232920.jpg

ウォークインクローゼットもあり、旅の途中の荷物が目に入らない
ように工夫されていて、とても使いやすいお部屋。

豪華でとてもいい気分にさせてくれるお部屋です。
こちらのバトラーサービスは24時間体制。コーヒー、紅茶も電話で頼めば
持って来てくれます。
f0162528_10135280.jpg

優雅ですね~。

ちょっと敷地内をお散歩。
プールのそばにはバレがたくさんあり、荷物を置いてキープしたり、
とかそんな必要もなさそう。
f0162528_10163730.jpg


とても上品な雰囲気が漂っていました!
ビーチの様子はこちらをご参考に!

次回に続きます・・・
[PR]
by nonamiho | 2009-10-21 10:24 | ホテル

ザ・タッチ (続き)

続いて、アラックを作っている村に行きます。
アラックとは蒸留酒のこと。バリ島土産としても有名なお酒。
椰子の茎液から作られるそうです。

まずは高い椰子の木に登り、茎液をとり、それを発酵させます。
それがこれ。
f0162528_13163646.jpg

トゥアックといいます。泡がぶくぶくしていて発酵している様子が
よくわかります。
トゥアックはこのままでも飲むようですが、日持ちがしないので
ほとんど市場に出回ることはないそうです。
まさに地酒ですね~。
このトゥアックを蒸留させたものがアラック。
こちらが蒸留の様子です。
f0162528_1320323.jpg

お土産にペットボトルにつめたアラックをいただきました!
普段は村の人たちがお祭りなどで飲むお酒。
すっきりとした飲み口でおいしいですよ!
私はオレンジジュースで割って飲みました。

続いて織物の工場へ。
シングルイカットという織物だそうです。
f0162528_132338100.jpg
f0162528_13235576.jpg
f0162528_13241234.jpg
f0162528_13243763.jpg
f0162528_132458100.jpg

一つ一つ丁寧に作られている様子が良くわかります。
きれいな色合いですね~。

さて、このあたりまではまったく観光客を目にしませんでしたが、
この後、カランガッサムのシデメンという地区に入ります。
こちらはヨーロッパ系の観光客に有名な地区。
ところどころ歩いている観光客を目にします。
こちらの地区のヴィラにてランチ!

細かな稜線の棚田の美しい景色です。
f0162528_13283358.jpg

f0162528_1329251.jpg

こちらでお待ちかねのランチ!
f0162528_1330131.jpg
f0162528_13301470.jpg
f0162528_13303039.jpg

たっぷりのナシゴレンやサテ、野菜のソテーやペペスイカン(魚の包み蒸し)など。
どれも食べやすいインドネシア料理です。
1人前はこんな感じ。
f0162528_13315743.jpg

フルーツジュースもおいしい時期ですね!
f0162528_13325257.jpg

おなかも満足したところで出発。
このあたりはバリ島の文化芸能に大きな影響を与えた
事で有名なウォルターシュピースが晩年に移り住んだ
地区だそうです。
ウブドスタイルでよく描かれている棚田の風景が広がっています。
f0162528_13372197.jpg

このあたりのお話も結構面白いので参加した方はじっくり
聞いてみてください。

子供のバリダンスを見せてもらったり、
f0162528_1341432.jpg


こんな雄大な景色も見れます。チャンディダサ地区を峠から眺めたところです。
f0162528_13405332.jpg


チャンディビーチホテルでちょっとトイレ休憩。
お部屋と敷地を見せてもらいました。
ながめのいい、きれいなホテルです。
f0162528_13432976.jpg
f0162528_13434196.jpg
f0162528_13435480.jpg


その後、クサンバの塩田へ。
f0162528_13444160.jpg
f0162528_13445456.jpg
f0162528_13451038.jpg
f0162528_13452252.jpg

昔ながらの方法で塩が作られています。
こちらの塩、マイルドなしょっぱさのお塩なのでおにぎりなんかに
いいかも。
ここでも天然塩のお土産をもらいました。

ここから約1.5時間くらいでビーチエリアに到着。
走行距離の長い、盛りだくさんのツアーです。
お子様でも大人の方でも楽しめる、とてもいいツアーだと
思います。
料金は大人78ドル、子供50ドル。

特に車窓から眺めることが好きな人には
とても気持ちのいいツアーですよ~。
[PR]
by nonamiho | 2009-10-19 13:54 | アクティビティー

ザ・タッチ

f0162528_10144363.jpg

今日はとっても楽しくてためになる、バリ島東部のツアーのご紹介!
バリ倶楽部という会社主催のオプショナルツアー、ザ・タッチ。

どんなツアー?という感じですが、バリ島リピーターにも初めての方にも
これはぜひ行って見てきてください!というおすすめのツアーです。
簡単に言えば、このタッチ号というオープンエアーバスでクルンクン、
シデメン、チャンディダサなどバリ島の東部を観にいくツアー。
f0162528_10223038.jpg


まずはクルンクンにあるゲルゲル寺院からツアーがスタート。
バリ島独特の文化の由来や、その歴史を発祥の地で聞くことは
単に文献やインターネットだけで見るよりもはるかに感動します。
f0162528_10194467.jpg
f0162528_1020415.jpg
f0162528_10202824.jpg

詳しくはぜひこのツアーで日本人アシスタントの方からの説明を
聞いてみてください!

タッチ号もオープンエアーになって準備完了!
f0162528_10251023.jpg

この日は雨季に入りかけでしたが、お天気もよく、車窓がとても気持ちよかったです。
車窓からスマラプラの街。
f0162528_10263816.jpg

続いてカマサンスタイルというバリ島伝統の絵画手法のスタジオへ。
f0162528_10282419.jpg

f0162528_10302453.jpg
f0162528_10304090.jpg

コチラの方は世界中で個展が開かれているとても有名な先生。
でも描かれた絵だけが世界各国を移動し、先生はここにいる、
というこれもバリの人々ならではのエピソード。
芸術家は自分の作品が脚光を浴びると人前に出て行く感じが
するのですが、なんとも控えめですね。
気に入った絵があれば購入可能です。
遠近法を駆使したウブドスタイル絵画とはまた違った趣がありますよ~。

ザ・タッチというのは本来のバリ島の姿に「触れる」という意味合い
のあるツアー。
車窓から気に入った景色があれば停まって写真を撮ったり、
市場があればよってみたり、と参加した方のリクエスト次第。

私のリクエストは・・・
今はドリアンの季節なので、ドリアン食べたい!!!
f0162528_10411424.jpg

道端でたくさん売り出されているので、ちょっとよってもらいました!
f0162528_1042483.jpg

この時期のドリアン、まろやかでとてもおいしいんですよ~。
何の抵抗もなく食べていたらドライバーさんが驚いてました。
「普通観光客は恐る恐る食べるのに、クワット(強い)だねー」
みたいな。くせのある食べ物はやっぱりくせになりますね!

子犬がいたんで、ちょっと写真をとってみたり・・・
f0162528_10453930.jpg
f0162528_10455441.jpg


途中景色のいいところで写真撮影。
バリ島の開墾率はとても高いそうです。
自然の恵みいっぱいですね。
f0162528_10474054.jpg
f0162528_10475679.jpg


紹介したいことがたくさんあって長くなりそうなので、続きは次回・・・
[PR]
by nonamiho | 2009-10-16 10:51 | アクティビティー

ウルワツ寺院とケチャダンス2

f0162528_9594172.jpg

バリ島に来たお客さんにとっても人気のウルワツケチャダンス。

f0162528_1001531.jpg

ダンスが始まる前にウルワツに到着し、このながめを堪能します。
2時間ドラマの犯人が自供するシーンのような、すごい絶壁ですね。

ウルワツのULUは先端、WATUは石という意味だそうです。
一番上の写真のようにお猿さんがたくさんいます。
いたずら好きで帽子やめがね、イヤリングなんかもとられてしまうそう。
私が行ったときも髪飾りやかばんについたキーホルダーを
とられてキャーキャー言ってるお客さんがたくさんいました。

6時ごろからダンスが始まりますが、早めに行って席取り。
すでにこんなにたくさんのお客さんが。800人くらい入れるそうです。
f0162528_10103534.jpg


以前も紹介しましたが、ダンスのストーリーはコチラ
お天気がよければこれくらいの明るさで始まります。
f0162528_10111626.jpg

写真の後ろのほう、がけの先端にあるのがウルワツ寺院です。

だんだん日も沈んでいきます。
f0162528_10121444.jpg

f0162528_10123531.jpg


本当に観光客に人気のダンスでいろんな国の人がいました。
トイレに並んでいたとき、「ディナーを食べながらダンスを見るのかと
思ってた!」と言ってる人がいましたが、ダンスを見終わってから
場所を移してディナーというコースをほとんどの旅行会社が作ってる
ようです。

実際に見ると迫力が違います。
バリ島芸能の代表的なダンスをお楽しみください!
[PR]
by nonamiho | 2009-10-15 10:53 | アクティビティー