スパあり、ホテルあり、レストランあり、バリ島生活日記
by nonamiho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
はじめに
スパ
レストラン
ホテル
バリ雑貨
アクティビティー
バリ島生活日記
未分類
以前の記事
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
more...
お気に入りブログ
BAGUS!
マーブル日記
simple life ...
山Pんとこ
ぴっから~
バリ〜〜スカスカ
気ままにオージーLIFE
さくらcafe
Bagus!
リンク
タグ
(139)
(112)
(59)
(55)
(52)
(38)
(37)
(37)
(36)
(36)
(36)
(35)
(35)
(13)
(13)
(10)
(9)
(8)
(5)
(2)
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
旅行・お出かけ
海外生活
画像一覧

カテゴリ:ホテル( 74 )

グランド ハイアット バリ 施設編

f0162528_10114977.jpg

ホテル前のビーチです。
この時期、風の影響で海岸には海藻やゴミが流れ着いています。
ヌザドゥアの反対側のジンバラン地区は今の時期比較的
海はきれいです。
プールサイドにはチェアがたくさん並び、大型リゾートの雰囲気が満点!
f0162528_10151598.jpg

緑も豊富です。
f0162528_10155582.jpg
f0162528_10161259.jpg

こちらはキッズクラブ。お子様も楽しめます。
f0162528_10281248.jpg

そしてこちら、グランドハイアット名物の(と勝手に思っている・・・)
パサールセンゴール。
f0162528_10291861.jpg
f0162528_10293323.jpg

ビュッフェディナーのディナーショー会場です。
ディナーの時間にはこの周辺に露天がでて、バリ島の市場でのお買い物
気分を味わえます。
買い物しましたが、意外と掘り出し物あるんですよ!
まさにパサールセンゴール(夜市、ナイトマーケットという意味)ですね!

すばらしいな!と思ったのが、このベイクラブ。
フィットネスジム、ジャグジー、サウナがあります。
スカッシュコートもありました!
f0162528_10341281.jpg

f0162528_10351341.jpg

f0162528_10353377.jpg

私、かなりのサウナ好きですが、ここのスチームサウナ、かなり気持ちよいです。
とてもきれいな施設でお気に入りでした。

お子様から大人まで、とても楽しめるリゾートです。
とっても広いので、迷子にならないよう、ご注意を・・・
[PR]
by nonamiho | 2009-05-13 10:39 | ホテル

グランド ハイアット バリ

f0162528_12442294.jpg

600室以上の部屋を持つ、バリ島でも最大級の大型リゾート、
グランドハイアット。
まるでひとつの街のような大型ホテルです。

ロビーの様子。とっても広いです。
車寄せからちょっと距離があるかな。。。
f0162528_12454977.jpg

ロビーからの眺め。遠くに海が見えます。
f0162528_12452132.jpg


まずはロビーそば、北棟のガーデンビューのお部屋。
改装前のお部屋だそうです。
f0162528_12481527.jpg

こちらのお部屋は格安ツアーや、団体旅行などによく使われるそうです。

そしてこちらはグランドルームガーデンビュー。
f0162528_12521377.jpg

先ほどのガーデンビュールームを改装したタイプのお部屋です。
大きなソファベッドはお子様連れに人気だそうです。

お風呂もモダンに変身してます。
f0162528_12532571.jpg

ハンドシャワー付のシャワーブースもあり、日本人には使いやすい
バスルームです。

東棟はクラブ棟になります。
こちらクラブラウンジ。南国らしく、オープンエアーです。
f0162528_12561583.jpg
f0162528_12562550.jpg

これはデラックスクラブルーム。
グランドルームに比べ、ちょっとモダンな雰囲気。
超広々ベッドでした。
f0162528_12571741.jpg


めったに見られない、スイートルームも見せてもらいました。
f0162528_12582957.jpg
f0162528_12583987.jpg
f0162528_1258583.jpg
f0162528_12591048.jpg

お風呂もリビングも広くて圧倒されました!

どのお部屋も使い勝手がよさそうで、日本人向けのリゾートのお部屋
という感じでした。

次回は施設編です。。。
[PR]
by nonamiho | 2009-05-12 13:01 | ホテル

カマンダルリゾート&スパ

ウブドの中心街から車で約10分の場所にあるカマンダルリゾート&スパ。

カマンダルとは古代のマハーバーラタ叙事詩の中に描かれた神聖な
ひょうたん(壺)の名前だそうです。 この壺にはティルタ アムルタと呼ばれる
永遠の命を与える能力を秘めている聖水が入れられていたそうです。

なんか神秘的な感じですね~

このメインプールは流線型のデザインで、このひょうたんをイメージしてるのでしょうか。
f0162528_10322717.jpg


10数年前、旅行者のときに泊まったことがあり、OL贅沢旅行の第一弾と
して宿泊した思い出のリゾートでもあります。
(その前は1泊数百円のロスメンばっかりでした、バックパッカーだったもので・・・)

こちらシャレータイプのお部屋のベッド。
お花がかわいらしくセットされています。
f0162528_10164851.jpg

バスルーム。
バリらしい開放感です。
f0162528_1018976.jpg


こちらはガーデンビラのベッド。
f0162528_10205326.jpg

ガーデンビラにはバレがあり、きれいな景色を眺めながらゆっくりくつろげます。
f0162528_1022143.jpg


こちらデラックスプールビラ!
プライベートプールの形も流線型で広いプールを独り占めです。
景色もいいですね。
f0162528_10224152.jpg


ベッドも広々。
f0162528_10242662.jpg

お風呂はとっても開放的。
f0162528_1026524.jpg

フラワーバス嫌いの私でもこれくらいのお花の量だったらOKですね。
f0162528_10291764.jpg

すべてのお部屋、壁が真っ白でとても清潔感があり、ウブドのヴィラタイプの
お部屋にしてはとても明るく感じました。

こちらはスパ。
f0162528_1030426.jpg

スパルームもお花がかわいらしくセットされています。
f0162528_10304890.jpg


お庭もとてもきれいに整備されていました。
f0162528_10334073.jpg


こちらのリゾートでいちばん思ったことは、おもてなしの心がとてもあるなー
というところ。
スパもお部屋もきちんとお花でデコレーションされていて、何かスタッフの方たちが
とても楽しくお仕事をされている感じがしました。
私は人の「気」を若干感じるほうなんですが(霊感はないですが・・)
とてもいい気を感じる場所でした。

スタッフの方たちの笑顔での挨拶とか、フレンドリーさとか
そうゆうウブドらしさがとてもあるリゾートだと思いました。
[PR]
by nonamiho | 2009-04-28 10:39 | ホテル

バグースジャティでディナー&朝食

f0162528_14421230.jpg


お食事の前にちょっとリゾート内を散策。
敷地内は結構歩ける距離なんですが、アップダウンが激しいので
バギーに迎えに来てもらうのが便利です。
こちらメインプール
f0162528_1442572.jpg

そしてスパルーム
f0162528_14433426.jpg

これがジャグジー!
お湯の温度が高めで、きれいな景色を眺めながら、まるで露天風呂のようでした。
f0162528_14453454.jpg

サウナもありました。

じっくり汗を流したところで、レストランへ。
f0162528_14465913.jpg

ヘルシーディナーをいただきました。
こちら、バジルとジンジャーのドリンク。とても飲みやすく、体が温まります。
こういうヘルシー系のドリンク大好きなのでちょっとうれしいです。
f0162528_14475151.jpg

まずサラダ。とてもフレッシュな感じです。野菜があまいんです~!
f0162528_14485242.jpg

メインは野菜と豆腐のカレーとブラウンライス。
f0162528_14483457.jpg

f0162528_1448585.jpg

大きめにカットされた野菜がどれも素材の味がしてとてもおいしかったです。
ブラウンライスはちょっとくせになるおいしさ。
こちらはアラカルトメニューのソトアヤム。
さっぱりしたスープでした。
f0162528_1452278.jpg

最後にデザート。
f0162528_1453249.jpg


ヨガやスパとこのようなヘルシーディナーがセットになったプランなどを
いろんな旅行会社で売り出しているようなので、ほかのホテルに泊まっても
このようなディナーを堪能できます!
これはおすすめ!
野菜もおいしいのでもりもり食べられて、体の中からきれいになっていくような
感じがします。

さて翌朝。ヨガのあと部屋のお風呂に1時間ほどつかり、その後朝食をいただきに
レストランへ。お部屋でのルームサービスも可能です。
f0162528_14572081.jpg

朝の日差しがまぶしいです。
トマトとセロリのフレッシュジュース。
f0162528_14582070.jpg

フレッシュフルーツ。
f0162528_14591331.jpg

そして超おすすめのこのメニュー。豆腐のスクランブル。
これ、ガーリックと生クリームの香りが絶妙で、ちょっとびっくりするほどおいしい!
豆腐の入ったクリームソースという感じ。
f0162528_1511181.jpg

これを食べにだけにでもあの山奥にもう一度行きたい感じです!
これにヨーグルトがついてボリュームも満点~
f0162528_1522031.jpg

ちょっとうれしい朝食メニューでした。

こちらのホテルではヨガなどいろんなアクティビティーがありますが、
お料理教室をちょっと見学。
f0162528_1533123.jpg

色とりどりの新鮮野菜。
f0162528_154184.jpg

こんな感じで作るお料理の材料が並べられてます。
手前からラワール、サテリリ、デザートだそうです。
f0162528_155398.jpg

こんなかまどで作るそうです。
f0162528_1553795.jpg


これはいい思い出になりますね!
バリ島にはいろんなすばらしいホテルやヴィラがありますが、
このバグースジャティは私の好きなリゾートの1つです。
きれいな空気とおいしいお食事をありがとうございました!!
[PR]
by nonamiho | 2009-04-27 15:10 | ホテル

バグースジャティ

f0162528_1001190.jpg

一度行ってみたい!と思っていたバグースジャティ。
ウブドの奥、ジャティ村にあります。
スピリチュアルな場所、といわれていますが、なるほど、
鈍感な私でも何かを感じるような。。。
人の霊というより、精霊みたいなもの。
私は昼間にチェックインしましたが、このロビー。。。
f0162528_1014046.jpg

夜中に到着だとちょっと怖いですね。
でもその分、翌日の朝にはすばらしい眺めが待っています。
昔、旅行者だったころはそれがあるからウブドが大好きでした。
暗くなってからバリについて、暗い街を「どこに連れて行かれるんだろう。。。」
と思いながらウブドにつく、部屋の照明もほんのり暗く、
夜が深いな~と思いながら眠る。。。そして次の日の朝の緑の濃さは感動ものです。
多分こんな感じでバリが好きになっていく人が多いんじゃないかと思います。
ちょっと昔の感情を思い出させてくれました。

さて、バグースジャティはヘルス&ウェルビーイング(健康とより快適な暮らし)を
テーマにした滞在型リゾートだそうです。
敷地内には畑があり、いろんな野菜や果物が育てられています。
ヘルシーな食事をいただくのが楽しみな感じです。
(食べることばっかり・・・)
f0162528_1061044.jpg
f0162528_106232.jpg


さて、お部屋です。まずはデラックススパヴィラ。
よく雑誌などで目にするタイプの丸い屋根がかわいらしいお部屋です。
f0162528_10105892.jpg

f0162528_10113815.jpg
f0162528_10115732.jpg

女子の憧れ、天蓋つきベッドとリビング、プライベートのスパスペース付のお部屋。
リゾート内ではロビーに近い上の方の位置にあります。

そしてこちら、スーペリアヴィラ。デラックスとは違い、長方形のおへや。
f0162528_1014555.jpg
f0162528_10143059.jpg
f0162528_10144279.jpg
f0162528_1015582.jpg

緑の中にせり出すように建っていて、このベランダのソファー、最高に気持ちいいです。
こちらバスルーム。凝った装飾がない分、とても機能的。
f0162528_10171072.jpg
f0162528_10172723.jpg


雰囲気重視で言ったらデラックス、使い勝手で言ったらスーペリアという感じです。
カップルはデラックス、女性同士や一人旅はスーペリアがいいと思いました。

こちらは山奥に建っているので、空気が若干冷たく、年中涼しいそうです。
日中の日差しがあるときは暑いですが。
なのでクーラーはなく、ファンのみ。テレビは全部屋なく、スーペリアには
オーディオもありません。
ほんとに自然のみの音の中でゆっくり内省できる場所。
女性の一人旅が多いのもうなずけます。

スーペリアの外観。
f0162528_10244227.jpg

そしてお部屋とお部屋の間隔もちょっと離れているので、
リゾートの中にありながら、開放感が味わえます。

日本の都会に疲れたひとにはおすすめです!

次回はお食事編です!
[PR]
by nonamiho | 2009-04-24 10:28 | ホテル

ニュピ明けのビーチ

ニュピ当日。
昼間はホテル内はいつもと同じような感じですが、
ホテルの入り口には幕などが張られ、万が一にも
お客様が外にでないように注意がはらわれています。
ホテル前のビーチにもでることは基本的にはいけません。

この日一日はバリ島では車もバイクも飛行機も
すべて使われていないことになります。
このニュピという習慣には静かに新年を迎える、
というほかに、自然に一休みしてもらう、という意味も
あるような気がします。
人間が活動することによって吐き出す、二酸化炭素
を植物が酸素に変え、排気ガスなども浄化してくれていますから。

ニュピの夜。
ホテル敷地内は真っ暗です。
廊下も電気が消され、ろうそくが灯されていました。
f0162528_184122.jpg
f0162528_1851748.jpg

この日は星が降るように見えます。
地上と空の区別がつかなくなるくらいです。
普段人間がどれだけ電気を使っているのかがよくわかります。

ニュピ明け。
この日は明け方に大雨、大雷、大嵐でした。
すべてを洗い流すような感じがしてすっきりしました。
あさ6時過ぎにはこんなにいいお天気。
f0162528_18115399.jpg

f0162528_18111978.jpg

f0162528_18142077.jpg

心なしか、空も海もとてもきれいに見えました。

ニュピは毎年1回、3月ごろです。
世界でも珍しい、この風習を体験してみるのも
バリ島旅行のいい思い出になると思います。
[PR]
by nonamiho | 2009-04-03 18:16 | ホテル

クラブインターコンチネンタル

クラブインターコンチネンタルではクラブ宿泊者専用ラウンジや、
インスピレーションスペース、クラブ宿泊者専用プールが
利用できます。

クラブラウンジはバリでもいちばんと言われています。
24時間オープンしており、数種類の無料の軽食がいつでも注文できます。
アルコールは夕方5時から8時まで無料、とお酒を楽しみたい人には
たまりません。
軽食はこんな感じです。
f0162528_11155043.jpg
f0162528_11163190.jpg

ソフトドリンクや紅茶は24時間無料です。
f0162528_11171036.jpg

そして3時から5時はアフタヌーンティ!
ここのケーキはかなりおいしかったです。
f0162528_1117613.jpg

5時からのカクテルタイムにはカナッペが!
f0162528_1118650.jpg

とにかくずっと何かを口にしながら、友人とラウンジでおしゃべりをしながら過ごしました。

こちらはインスピレーションスペース。
備え付けのインターネット利用や、DVD鑑賞ができます。ラップトップの持込での接続は
できないようです。
f0162528_11282718.jpg
f0162528_11284331.jpg

ここでもソフトドリンクは無料です。
ホテルアクティビティーの相談もできます。

そしてクラブプール。
メインプールに比べ落ち着いた雰囲気。
f0162528_11295256.jpg

お子様連れはメインプールをおすすめします、と案内があり、
とても静かなプールです。


それ以外にも5箇所から選べる朝食、バトラーサービス、24時間アクセス可能の
フィットネスなど、ホテル滞在を満喫できる、高水準の内容です。

ニュピなどの外出できない日にはうってつけのホテルでした。

ニュピ明けのビーチ編につづく・・・
[PR]
by nonamiho | 2009-04-02 11:40 | ホテル

Balinese Silent Day~ニュピ

f0162528_117048.jpg

2009年3月26日は「ニュピ」と呼ばれる、バリ島の新年にあたる日。
この日は静寂の日といわれ、バリ・ヒンズー教徒は一日中瞑想にふけり、
24時間外出を禁じられます。
f0162528_113227.jpg

観光客やバリ島在住者も同様にホテルや自宅からの外出を
禁じられ、火や電気の使用も禁じられます。
自宅でも夜には窓ガラスにダンボールなどを貼り付け、光が
外に漏れないようにしなければなりません。
ちょっとでも光が漏れていると、バリでは警察より怖いと言われている
自治体の自警団が飛んできて注意されます。
それくらいちょっとの光でもわかるくらい、ニュピの夜は
闇に包まれるのです・・・

なので、多くのバリ在住外国人は、ホテルに避難します。
私も今までヴィラに泊まったり、ジャカルタに行ったりなど
いろいろなニュピをすごしましたが、今年はクラブインターコンチネンタルバリ
に宿泊しました。
バリ島でも1番と言われているクラブラウンジを持つインターコン。
チェックインから優雅な気分が満点です!
クラブラウンジ。
f0162528_11205417.jpg

お部屋。思った以上に広くて使いやすいお部屋です。
f0162528_11224738.jpg

バスルームも広くて機能的。
f0162528_11241521.jpg

ベランダからバリのお寺と遠くに海が見えました。
f0162528_1125346.jpg

メインプールの夕暮れ。
f0162528_11255620.jpg

ビーチの夕日、バリ島の一年が終わります。
f0162528_11265089.jpg


クラブラウンジ編につづく・・・
[PR]
by nonamiho | 2009-04-01 11:41 | ホテル

THE ELYSIAN

f0162528_10391478.jpg

別荘感覚ですごせる、バリ島のヴィラ。
今ではたくさんのヴィラがありますが、ここ、ジ・エリシアンはとてもおすすめの
ヴィラです!
f0162528_1041737.jpg

敷地自体はそれほど広くありませんが、ロビーもお部屋もレストランも、空間を
広く感じさせる工夫がされています。
ベッドルーム。シンプルで使いやすいつくりです。
f0162528_1048122.jpg

バスルーム。広くはないのですが、天井が高く、昼間は自然光が差し込む
つくりです。
f0162528_10481747.jpg
f0162528_10483843.jpg
f0162528_10485229.jpg

リビングも天井が高く、バリ島のヴィラには珍しく、オープンエアではなく
室内です。クーラーのきいた室内で本を読んだりできます。
プールも十分な大きさ。
もちろん、パブリックプールもあります。
プールサイドのバレも気持ちよさそう!!
f0162528_10581357.jpg


バリ島のヴィラはオープンエアのリビングを併設しているところが
多いです。オープンエアは気分のいいものなんですが、蚊なども
多く、ゆっくりくつろげないという難点もあります。
その点、このエリシアンは室内のリビングなので、
安心してくつろぐことができますよ~~

ディナー編に続く・・・
[PR]
by nonamiho | 2009-03-24 11:05 | ホテル

クプクプバロン・ビーチリゾート

ビーチエリアにありながら、緑のトロピカルガーデンに囲まれた、クプクプバロン・ビーチリゾート。
こじんまりとしたかわいらしいリゾートです。

お部屋も小さめですがかわいらしいつくり。
これはジュニアスィートのベッド。
f0162528_956843.jpg


こちらはプールつき、スィートタイプのお部屋。
f0162528_956179.jpg
f0162528_9561747.jpg
f0162528_9563954.jpg

f0162528_959649.jpg

バスルームはちょっと変わったつくりで幻想的な感じ。
アメニティはロクシタン
f0162528_1025870.jpg

プールもこじんまりですが、開放的で気持ちいいです。
ビーチのそばですがとても静かで穏やかな雰囲気。
f0162528_10162392.jpg

以前は波うち際が目の前にありましたが、大幅な海岸工事を経て、
砂浜がとても広くなりました。
とても静かな緑の中にありながらも、海岸には広々とした風景が広がるホテルです。

こぼれ話。
このホテルには某有名お笑い芸人さんにそっくりなバトラーが
いましたが、今は他のホテルで働いているそうです。
たくさんの日本人のお客さんから言われていたそうで、
本人も自覚してるくらい似ているそうですよ。
今は他のホテルでも日本人のお客さんには有名バトラー
になってるんではないでしょうか・・・
[PR]
by nonamiho | 2009-03-11 10:19 | ホテル