スパあり、ホテルあり、レストランあり、バリ島生活日記
by nonamiho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
はじめに
スパ
レストラン
ホテル
バリ雑貨
アクティビティー
バリ島生活日記
未分類
以前の記事
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
more...
お気に入りブログ
BAGUS!
マーブル日記
simple life ...
山Pんとこ
ぴっから~
バリ〜〜スカスカ
気ままにオージーLIFE
さくらcafe
Bagus!
リンク
タグ
(139)
(112)
(59)
(55)
(52)
(38)
(37)
(37)
(36)
(36)
(36)
(35)
(35)
(13)
(13)
(10)
(9)
(8)
(5)
(2)
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
旅行・お出かけ
海外生活
画像一覧

ザ・タッチ (続き)

続いて、アラックを作っている村に行きます。
アラックとは蒸留酒のこと。バリ島土産としても有名なお酒。
椰子の茎液から作られるそうです。

まずは高い椰子の木に登り、茎液をとり、それを発酵させます。
それがこれ。
f0162528_13163646.jpg

トゥアックといいます。泡がぶくぶくしていて発酵している様子が
よくわかります。
トゥアックはこのままでも飲むようですが、日持ちがしないので
ほとんど市場に出回ることはないそうです。
まさに地酒ですね~。
このトゥアックを蒸留させたものがアラック。
こちらが蒸留の様子です。
f0162528_1320323.jpg

お土産にペットボトルにつめたアラックをいただきました!
普段は村の人たちがお祭りなどで飲むお酒。
すっきりとした飲み口でおいしいですよ!
私はオレンジジュースで割って飲みました。

続いて織物の工場へ。
シングルイカットという織物だそうです。
f0162528_132338100.jpg
f0162528_13235576.jpg
f0162528_13241234.jpg
f0162528_13243763.jpg
f0162528_132458100.jpg

一つ一つ丁寧に作られている様子が良くわかります。
きれいな色合いですね~。

さて、このあたりまではまったく観光客を目にしませんでしたが、
この後、カランガッサムのシデメンという地区に入ります。
こちらはヨーロッパ系の観光客に有名な地区。
ところどころ歩いている観光客を目にします。
こちらの地区のヴィラにてランチ!

細かな稜線の棚田の美しい景色です。
f0162528_13283358.jpg

f0162528_1329251.jpg

こちらでお待ちかねのランチ!
f0162528_1330131.jpg
f0162528_13301470.jpg
f0162528_13303039.jpg

たっぷりのナシゴレンやサテ、野菜のソテーやペペスイカン(魚の包み蒸し)など。
どれも食べやすいインドネシア料理です。
1人前はこんな感じ。
f0162528_13315743.jpg

フルーツジュースもおいしい時期ですね!
f0162528_13325257.jpg

おなかも満足したところで出発。
このあたりはバリ島の文化芸能に大きな影響を与えた
事で有名なウォルターシュピースが晩年に移り住んだ
地区だそうです。
ウブドスタイルでよく描かれている棚田の風景が広がっています。
f0162528_13372197.jpg

このあたりのお話も結構面白いので参加した方はじっくり
聞いてみてください。

子供のバリダンスを見せてもらったり、
f0162528_1341432.jpg


こんな雄大な景色も見れます。チャンディダサ地区を峠から眺めたところです。
f0162528_13405332.jpg


チャンディビーチホテルでちょっとトイレ休憩。
お部屋と敷地を見せてもらいました。
ながめのいい、きれいなホテルです。
f0162528_13432976.jpg
f0162528_13434196.jpg
f0162528_13435480.jpg


その後、クサンバの塩田へ。
f0162528_13444160.jpg
f0162528_13445456.jpg
f0162528_13451038.jpg
f0162528_13452252.jpg

昔ながらの方法で塩が作られています。
こちらの塩、マイルドなしょっぱさのお塩なのでおにぎりなんかに
いいかも。
ここでも天然塩のお土産をもらいました。

ここから約1.5時間くらいでビーチエリアに到着。
走行距離の長い、盛りだくさんのツアーです。
お子様でも大人の方でも楽しめる、とてもいいツアーだと
思います。
料金は大人78ドル、子供50ドル。

特に車窓から眺めることが好きな人には
とても気持ちのいいツアーですよ~。
[PR]
by nonamiho | 2009-10-19 13:54 | アクティビティー