スパあり、ホテルあり、レストランあり、バリ島生活日記
by nonamiho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
はじめに
スパ
レストラン
ホテル
バリ雑貨
アクティビティー
バリ島生活日記
未分類
以前の記事
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
more...
お気に入りブログ
BAGUS!
マーブル日記
simple life ...
山Pんとこ
ぴっから~
バリ〜〜スカスカ
気ままにオージーLIFE
さくらcafe
Bagus!
リンク
タグ
(139)
(112)
(59)
(55)
(52)
(38)
(37)
(37)
(36)
(36)
(36)
(35)
(35)
(13)
(13)
(10)
(9)
(8)
(5)
(2)
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
旅行・お出かけ
海外生活
画像一覧

アグン山に会いに行こう!

Om Swastyastu

本日、2010年11月30日をもちまして、このブログを終了いたします。
今まで見に来てくださった方々、本当にありがとうございます。

最後は敬意と感謝をこめて。。。やっぱりアグン山ですね。
神々のすむ島、バリ島でもっとも神聖な山として古来より崇められている
この山は、バリ島で最高所、海抜高度3,142メートルの成層火山です。

こちら、私の勤めているオフィス(クタ地区)から見るアグン山。
f0162528_1751396.jpg

雲を突き抜けた姿は、遠くてもひときわ壮大で神聖です。
普段は雲で隠れていることが多いですが、時々このように
姿を見せてくれます。
ふっと見とれてしまう美しさです。

こちら、シデメンから見るアグン山。
方角的にはクタ方面からみる形とほぼ同じですが、
とても大きく迫力があります。ライステラスも美しい
エリアです。
f0162528_1775636.jpg


今回、チャンディダサエリアから出発する、朝日を見た後ランプヤン麓の寺院で
バリのお祈りを体験するツアーに参加しました。
まずは朝5時に出発し朝日を眺めるスポットへ向かいます。
f0162528_17145550.jpg

遠くロンボク島の見えるスポットで神聖な朝日と朝のきれいな空気を堪能できます。
朝日を浴びることは風水的な観点からみてもいいことですよね。
f0162528_1716972.jpg

振り返るとそこにはアグン山が。
f0162528_1717046.jpg

最初のほうの写真とは違った女性的な稜線の姿を見せています。
ちょっと雲が多いですね。
ココは個人ではなかなか来ることのできない、かなりローカルなスポットです。

その後、ランプヤン麓の寺院へ移動します。
f0162528_17201671.jpg

白い割れ門が印象的な天空の寺院です。
f0162528_17205982.jpg

ココも振り返るとアグン山が・・・
f0162528_17213981.jpg

なのですが、残念ながら雲で隠れてしまってました。

きっちりサロンを巻いて寺院内へ。
f0162528_17225684.jpg

ガイドさんに習って、バリの人々と同じようにお祈りをします。
6年半住まわせてもらったことに感謝し、これからも平穏無事に
生きていけるようお祈りをしました。

お祈りが終わって帰るとき、なんと雲が晴れてきれいなアグン山が
姿をあらわしてくれました。
f0162528_17264448.jpg

以前来た時もまったく見えなかったので、今回は本当に感動しました。
f0162528_17273987.jpg

見る方向によってまったく印象の違う山ですが、
とても美しく荘厳で古来の人々がこの山を崇拝する意味が
よくわかるような気がしました。
f0162528_1728132.jpg


割れ門とアグン山。
バリの人々の美意識を感じることができました。
f0162528_17315134.jpg

最後にその雄大な姿を見ることができ、本当に嬉しかったです。

バリ本来の姿を堪能できる、感動のチャンディダサエリアのツアーは、
バリ倶楽部さんでアレンジが可能です。
ぜひぜひお問い合わせください。

今日で私の6年半のバリ島生活も終了です。

前回日本に帰ろうとしたときに、バリの祈祷師に
「人間は自分の魂に関係があるところに住むんですよ。
もう少しいてみてください。」
と言われた後、自分が本当に働きたかった会社で、
大好きな仕事に就くことができました。
仕事を通じてたくさんの尊敬する人に出会うことも
できました。
直行便の廃止、会社の閉鎖など、時代の流れで
寂しい思いもありますが、感謝の気持ちでいっぱいです。

自分の仕事用の記録のためにはじめたこのブログ。
拙い文章と写真で綴ってまいりましたが、思った以上に
たくさんの方が見に来てくださいました。
見に来てくださった方、コメントをくださった方、
本当にありがとうございます。

出会った人たち、そしてバリ島の神々に感謝しつつ、
この地を離れたいと思います。
ありがとうございました。

Om Santi Santi Santi Om
~皆さんが平和で幸福でありますように~

[PR]
# by nonamiho | 2010-11-30 11:41 | アクティビティー

Massimo

f0162528_005917.jpg

メティスとともに、バリを離れる前に行っておきたかったレストラン、
サヌールのマッシーモです。
店頭のジェラートコーナーが目を引く、サヌールのランドマーク的
イタリアンレストラン。
f0162528_01221100.jpg

ジェラートは何度も食べたことはあるのですが、レストランは今回が最初で最後。

f0162528_023783.jpg

お客さんもたくさん!ほぼ満席です。

え~、行ったことないの~?!と驚かれるほど、有名で人気店ですが、
ここも以前予約して行こうと思ったら、なんと!前日にピザの釜が火事になり、
ピザがオーダーできず泣く泣くあきらめた経緯がありました。。。とほほ。

今回も時間的に無理かな~とあきらめかけていましたが、ラストミニッツで
行くことができました。

こちら、憧れのボルケーノピザ!!!!!
f0162528_0657100.jpg

ナイフを入れるとおいしそうなにおいが~~~
ちょっと無残な感じになっちゃいましたが、サラミの風味が非常においしいです。
生地ももっちもち♪
f0162528_08525.jpg


こちらは特別に作ってもらった、トマト味のリゾット。
メニューにはないですが、係員に頼んでみてください。
これにドライチリを入れて食べるとおいしいですよ!
f0162528_0102458.jpg


サラダとルッコラのピザもおいしいです!
f0162528_0111786.jpg

f0162528_014367.jpg

私はトラットリアのような薄い生地より、こちらのもちもち生地の方が
好みかも、と思いました。

デザートはパンナコッタ!!!
f0162528_016663.jpg

この衝撃の青色に似合わず、まろやかなおいしさ!
これはおすすめの味なんだけど、この青色はなんなんでしょう。。。

ということで、大満足でとても楽しい夜をすごすことができました。
帰りの車中も釣竿ネタで楽しかったし(笑)

本当に本当に皆さん、ありがとうございました!!
[PR]
# by nonamiho | 2010-11-30 00:21 | レストラン

最後の贅沢♪セントレジスのサンデーブランチ

f0162528_15582672.jpg

今日は写真が多いです。
よろしければお付き合いくださいませ☆

バリ島生活、最後の贅沢、自分へのご褒美で、セントレジスのサンデーブランチに
行っちゃいました!
料金Rp.495000(税込み)、約5000円ですね。
これだけ聞くと、うう~~~高い。。。と思いますよね!
でも結果的にはほんとに行ってよかった、大満足のブランチなんです!

まずは11時にキングコールバーへ。
f0162528_165433.jpg

オープンエアーのスペースは欧米人に人気です。
f0162528_1675534.jpg

ココでアペリティフをいただきます。
f0162528_166502.jpg

ハニーライムクラッシュとストロベリーパンチ。
f0162528_1693880.jpg

そして、このバーで飲むべきなのは、ブラッディマリー!!
セントレジスニューヨークのキングコールバーで誕生したカクテル
として有名ですよね。
f0162528_16125110.jpg

もともとトマトジュース大好きな私にとってはびっくりするほどの
おいしさ。セロリの風味がさわやかさをさらに引き立てます。
普通にオーダーしたら10万ルピア以上はすると思います。
お酒の弱い私もあまりのおいしさに2杯のカクテルをいただきました。
この食前酒だけで2000円以上の価値があるのではないかと思います。

そして、12時になったら、ボネカレストランへ移動。
f0162528_16172177.jpg

ボネカとは人形という意味ですね、インテリアもエキゾチックです。
f0162528_16182373.jpg

バリ島で考えるとなかなかのお値段にもかかわらず、お客さんはたくさんです。
席でオーダーもできますし、ビュッフェスタイルの食事を自由に
とってくることもできます。
日本語のメニューもあって便利ですね。
f0162528_16202638.jpg

このレストランに移動してからは、立ち込めるいいにおいと
おいしそうなお料理の数々にニヤニヤしっぱなしです。
食べることが好きな人は軽い興奮状態になるのでは。。。うふふふ。
f0162528_16224552.jpg
f0162528_16231063.jpg
f0162528_16233024.jpg
f0162528_16235794.jpg
f0162528_1624284.jpg
f0162528_16245130.jpg

もぅ~ほんとに幸せです♪
この日の私のターゲットは生牡蠣ですね~。
7個もいかせていただきました!
f0162528_16281964.jpg

おすすめのロブスターのオムレツ。
かなりのボリュームなので数人でシェアするのが良いです。
ソースがとても美味。
f0162528_163059.jpg

フォアグラ添えの目玉焼き。
フォアグラは右下にちょこっとです。
f0162528_1631371.jpg

キャビアです!
f0162528_16314569.jpg

これ、非常においしいです。ウエイターがいかがですか~?といろんな
お料理を持ってきてくれるので、とりあえず端から食べてます。
f0162528_16332335.jpg

北京ダックや点心もありですね!
f0162528_163458.jpg

f0162528_16353160.jpg

お寿司やサラダも豊富です。
f0162528_16362952.jpg

パンケーキ。
f0162528_1637124.jpg

そして私の一押しは、こちらのクロワッサンフレンチトースト。
f0162528_1638653.jpg

シナモンのアクセントが絶妙でほっぺた落ちました。
一口食べるごとに笑顔になってしまうおいしさです。
デザートはゼリーとアイスクリームとチョコレートフォンデュで。
f0162528_16401981.jpg

食べ放題の時間は12時から2時まで。
その間、オレンジジュースやスムージー、コーヒー紅茶、など
アルコール以外の飲み物は料金に含まれています。
f0162528_16421648.jpg

これだけ見ると、なかなかお得ではないですか?

優雅な日曜日のひと時を過ごせる贅沢ブランチ。
私もいつかまたバリに来ることがあったら、ぜひ行ってみたい
と思っています!
[PR]
# by nonamiho | 2010-11-29 10:20 | ホテル

アマンダリ

f0162528_11434215.jpg

最後に行っておきたい見ておきたいホテル、たくさんありましたがそのひとつが
アマンダリ。
お天気はあまりよくなかったですが、雨季のしっとりした空気がウブドらしいです。
アマンリゾーツはほんとに景観のすばらしいリゾートだと、毎回
感動してしまいます。

びっくりするほどの広さのヴィラは重厚なインテリアで貫禄がありますね。
f0162528_1153915.jpg

f0162528_11483133.jpg

ヴィラ内のプールも大きく、自然に溶け込むような緑の色合いが
とても素敵です。
f0162528_11491711.jpg

寝室のベッドにはカマサンスタイルの絵。
バリの雰囲気がまんてんです!
f0162528_11505595.jpg
f0162528_11511954.jpg


今回はスパも見せてもらいました。
トータル3部屋のこじんまりとしたスパですが、現在のところ、
バリのアマンでスパ施設があるのはここだけとのこと。
f0162528_11543746.jpg
f0162528_1155280.jpg

ハネムーンの特典などでここでのスパがついているものもあるので
要チェックです。

こちらは一番渓谷に近い、マルチスペース。
f0162528_11565615.jpg

朝食をとったり、ロマンティックディナーを楽しめたりする
場所だそうですが、まるで渓谷に浮いているかのような
感覚になる、素敵なスペースです。

今回はプールの見えるダイニングで、ランチをいただきました。
f0162528_1159687.jpg

ウブドなので、なんとなくインドネシア料理にしてみました。
西洋料理もあります。
まずはソトアヤム(インドネシアチキンスープ)
f0162528_1205349.jpg

ソトは屋台で食べなれてますが、レストランのソトはとても
上品で食べやすく、鶏肉も大きく高級感があります。
メインはラクサ(ココナッツ風味ヌードル)にしました。
シンガポールやマレーシアの名物料理で、インドネシアではスマトラ島の
名物料理のようです。中華とマレーの融合料理のようですね。
大きなえびがごろごろ入っていて、写真見てるだけでもまた食べたくなってしまう
おいしさです。
f0162528_129927.jpg

贅沢にデザートまで。チョコレートケーキです。
密度の濃いチョコレートと、イチゴの酸味がいいバランスの
おいしいデザートです。
f0162528_12143058.jpg

バリらしい自然の中の静かな大人の空間でゆっくりランチをいただける、
とても素敵なレストランです。
宿泊は予算的にちょっと。。。という方もレストランのお食事でアマンの雰囲気を
堪能できると思います!
[PR]
# by nonamiho | 2010-11-28 15:21 | ホテル

Warung Asia

f0162528_163181.jpg

バリでおいしくてリーズナブルなタイ料理といえば、ここ、ワルンアジアでしょうか。
ダブルシックス通りにありますね。
前に記事書いてたかと思ったんですが、なかった見たいなので。

普段はなかなか来ない、繁華街観光地エリアなので、どきどきわくわくです。
半オープンの素朴なつくりの店内ですが、7時ごろから満席になります。
f0162528_16345774.jpg


大好きなトムヤンクン。とっても濃厚なお味。
えびもたっぷり入っていて大満足。
f0162528_16363450.jpg

生春巻き。
これは定番のおいしさ。
f0162528_1639011.jpg

ソムタム。
辛くておいしいです!
f0162528_1637745.jpg

パッタイ。
これもしっかりした味付けで、もやしのしゃきしゃきがいい感じです。
f0162528_16381296.jpg

トムヤンクンと生春巻き2人前頼んで、飲み物も飲んで、
料金25万ルピア弱。
(二人で行きましたが、3,4名分くらいオーダーしてしまった。。。)
リーズナブルでおいしいので、近くのホテルに泊まったら、
ぜひ行ってみてくださいね!
[PR]
# by nonamiho | 2010-11-28 00:39 | レストラン

バリ島B級ぐるめ~SIOMAY

なんか、1日ひとねたでは足らなくなってしまいました。。。
f0162528_15483185.jpg

こちら、バリ島B級グルメの屋台料理の一つ、シオマイです。
多分中華料理の影響を受けて、シュウマイと語源が一緒なんじゃないかと
思いますが、どうでしょう。。。

シュウマイの皮のようなもので包まれた魚のすり身とゆで卵、蒸したキャベツ
やジャガイモをピリカラピーナッツソースであえて食べる、
庶民の屋台料理です。
蒸し物で、油を使ってないのでなんとなくヘルシーです。
街中の屋台でよくありますので、興味のある方は試してみてください。
なかなか癖になるおいしさですよ。
一時期毎日食べてました。
(屋台なので衛生面にはご注意を・・・)

私の勤める会社が今月をもって閉鎖なので、スタッフがお別れに
これをみんなに配っていました。
もう最後なんだなー、と実感する今日この頃です。
[PR]
# by nonamiho | 2010-11-27 16:03 | バリ島生活日記

パドマリゾート・バリ・アット・レギャン

f0162528_1682532.jpg

日本人にも人気の高い、パドマ・バリですが、
改装後の新しいお部屋を見に行ってきました!

まずは上の写真のラグーンプール。
一瞬、ん?ココはどこ?と立ち止まってしまうほど驚いたのは、
ここにこんなおおきなプールを作れる敷地があったんだ!
ということ。
もとは通路だったそうです。
昔からあるホテルは敷地が広く、いろんなアレンジができますね。
大きなバロンの口から水が出てるのが印象的。
シンガポールのマーライオンみたいだ!
f0162528_1613215.jpg


お部屋も素敵に変身し、鏡をたくさん使った、とっても広く感じるつくり。
f0162528_1614569.jpg

バスタブのところの扉が開くので、湯船につかりながら、
ベッドルームにいるひととおしゃべりできたり、テレビを見ることも出来ます!
f0162528_16161318.jpg


1階にはラグーンプールにお部屋のベランダから直接出ることのできる、
ラグーンアクセスルームもあり、なかなかいい感じです。

パドマと言うとシャレータイプのお部屋が素敵で、有名ですが、
こちらの新しい、デラックスラグーンビューと言うお部屋も
とても素敵で快適なホテルステイを楽しめると思いますよ~。
[PR]
# by nonamiho | 2010-11-27 00:17 | ホテル

らーめん・みなみ

f0162528_11184952.jpg

プラザバリのそば、バイパス沿いにあるみなみ。
私がバリに住み始めてから本当によく通ったところです。
f0162528_11271674.jpg

一人でふらっと行っても日本人オーナーさんとお話ししながら食事ができたり、
ちょっとした知り合いがいたり。
年末にはここで紅白を見たりしました。

バリ在住日本人には憩いの場だったと思います。
鍋物やラーメンやカレーがとてもおいしく、またオーナーさん自ら仕入れている
あおりいかのお刺身などの生ものも非常においしく、
在住者ファンの多いお店でした。
残念ながらオーナーさんが日本に帰国してしまい、
多分なくなってしまうのではないかと思います。
思い出のお店がなくなってしまうことが多いバリ島ですが、
ここがなくなるのは非常に寂しいです。

私も帰国するので、最後に大好きだった五目ラーメンをいただいてきました。
f0162528_11284839.jpg

野菜たっぷりでさっぱりしたお味。
インドネシア料理の脂っこさに疲れた胃には
ほんとにやさしいラーメンでした。

ここではいろんなことがあったな~、と懐かしく思い出されます。
いろいろお世話になり、ありがとうございました!
[PR]
# by nonamiho | 2010-11-26 15:42 | レストラン

ヌサドゥアビーチホテル&スパ

f0162528_17585518.jpg

バリ島の老舗ホテルとして各国のVIPも訪れる、ヌサドゥアビーチホテル。
欧米人に絶大な人気のある、リゾートホテルです。
現在大幅に改装中のこちらのホテル。
上の写真のプールも、中のタイルをモザイク風に張り替えて、
かなりイメージが変わりました。
ここのホテルのビーチは本当にきれいで私も大好きな風景です。
新しい客室のモックアップを見せていただきました。
f0162528_1833666.jpg

洗面所を仕切る扉が全開できるなど、空間を有効利用し、
広く感じるよう工夫されています。
f0162528_1853491.jpg

前の部屋を知っているだけに、こんなに変身できるものなの???
と驚いてしまいます。
改装ってすごいことなんですね。
外観イメージもかなり変わると思います。
改装工事完了後が楽しみなホテルですね。

そしてこちらはすでに生まれ変わったスパ。
受付もオープンスペースになり、バリらしさが増しました。
f0162528_9445789.jpg

今までは紫がイメージカラーだったこちらのスパですが、
ナチュラルな色合いのスパルームに大変身!
f0162528_945272.jpg

f0162528_9464361.jpg
f0162528_947182.jpg

こちらが一番広いスパルーム。
バスタブの大きさに驚きです。
5,6人くらいで余裕で入れそうです(笑)
f0162528_948373.jpg


新しいヴィラやホテルがどんどん出来てきて、さらにラグーナやウエスティンや
こちらのヌサドゥアビーチなど大型ホテルも次々に改装している、
バリ島のホテル業界。

これからますますの発展を期待したいと思います!
f0162528_951374.jpg

[PR]
# by nonamiho | 2010-11-26 09:53 | ホテル

メティスのチーズバーガー

バリ島を離れる前にどうしてもどうしても、ど~しても食べておきたかった
メティスのチーズバーガー。
念願かなってやっと食べに行くことができました。
というのも、カフェワリサンの時代から、行こうと思うとことごとく、
予定変更になってしまったり、お休みだったりで、
ご縁がなかったのですね。
今回も1回目に行こうと思ってた日に別の用事が入ってしまい、
やっぱだめなんだろか~と思ってましたが、2回目で
やっと予定通り行けました~♪

f0162528_1539642.jpg

クロボカンの田園風景を眺めながらのランチは最高です!

f0162528_15431732.jpg

念願のチーズバーガーRp68000(税別)
ビーフパティーがとても大きく、バンズもふわふわ。
見た感じはノーマルな感じですが、パティの下に
あめ色に炒めたたまねぎが入っており、これが
ビーフのコクとうまみを存分に引き立てています。
ソースはサウザンアイランドっぽいソースで、肉の
臭みを程よく中和してくれます。

期待していたレストランの食事って、たいてい、おいしいけど
こんなもんね~、って思うこと多いですが、このチーズバーガー
はほんとに食べに来て良かったぁ~っと思いました。

高級なレストランにもかかわらず、ランチタイムはなかなかの
賑わい。
やはり人気のレストランは理由があるものですね~。
[PR]
# by nonamiho | 2010-11-25 10:00 | レストラン